コード一覧

【Python】辞書dictの基本的な使い方 取り出しと追加方法

辞書の作り方

dict ={
    "あああ":"aaa",
    "123":"bbb",
    "abc":"あいう"
}
print(dict)
#{'あああ': 'aaa', '123': 'bbb', 'abc': 'あいう'}

dict_a ={
    "aaa":1,
    2:"bbb",
    0.5:"ccc"
}
print(dict)
# {'aaa': 1, 2: 'bbb', 0.5: 'ccc'}

辞書を作る。dictでもdict_a でもなんでもいい。
数字もテキストも小数点も入れられた。

辞書の取り出し方 プリントprint

print(dict) #{'あああ': 'aaa', '123': 'bbb', 'abc': 'あいう'}
# 前がキー 後ろがバリュー(値)

# キーが存在したらバリュー(値)(後ろ)を返す
print(dict['あああ']) 
# aaa

print(dict['ccc'])
# keyerror(辞書の中に入っていないものはキーエラーで出なかった)

# print(dict.index('あああ')) 
#dictでインデックスは使えかった。

キーエラーを回避する方法

キーエラーになると鬱陶しいなので、エラーにならない方法だけ調べておいた。

getメソッドを使うとうまくいく。get.dict(‘キー’)

print(dict['ccc'])
# keyerror(辞書の中に入っていないものはキーエラーで出なかった)


# dict.get() これで書くと、キーエラーが出ない。
print(dict.get('ccc'))
# None

# dict.get('キー','なかった時に返す値')
print(dict.get('ccc','存在しないキーです'))
# 存在しないキーです

ほかにもgetって見たことあるけど、リクエストとかで使うときもるけど、その辺りは一緒のものなのか、どうなのかはちょっとわからない。けど、get()は辞書で使うみたいです。
辞書型のメソッドと記載してありました。

キーのあとにカンマをうち、エラーの場合表示させたいことを打つと、それが出るし、もし設定していなかったら、Noneが返ってくる。
余談だけど、Noneを判定しようと思うと以下のような感じ

keys_check = dict.get('ccc')

if keys_check is None:
    print("Noneです")
else:
    print("Noneじゃない")

# Noneです

辞書の取り出し方 for

リストみたいに普通に取り出した場合

dict ={
    "あああ":"aaa",
    "123":"bbb",
    "abc":"あいう"
}

for i in dict:
    print(i)
    #あああ
    #123
    #abc

これは普通に取り出すと、キー(前の文字)しか出てこない

キー keys(前の文字)だけ取り出す場合

dict ={
    "あああ":"aaa",
    "123":"bbb",
    "abc":"あいう"
}

for i in dict.keys():
    print(i)
    #あああ
    #123
    #abc

辞書名.keys()
と入力したら出せる
keys()のカッコの中に何か入れたらどうなるか?
数字を入れたり、テキストを入れたりしたらエラーになった。
ネットも調べたけど、何か入れたりする感じではなかった。

バリュー value(後ろの文字)だけ取り出す場合

dict ={
    "あああ":"aaa",
    "123":"bbb",
    "abc":"あいう"
}

for i in dict.values():
    print(i)
    #aaa
    #bbb
    #あいう

前も後ろも両方取り出す場合 items()

dict ={
    "あああ":"aaa",
    "123":"bbb",
    "abc":"あいう"
}

for i in dict.items():
    print(i)
    #('あああ', 'aaa')
    #('123', 'bbb')
    #('abc', 'あいう')

一気に出す場合は、items()を使う

辞書に追加する場合

調べてみたら、結構色々な方法があり、大変そうなので、次回の記事へ回します。

記事のリンク 未