コード一覧

【Python】リスト1とリスト2の差分を出す方法

2つのリストの差分を出す方法

テーブルのスクレイピングをするときなど、情報があったり、なかったりで、差分を知りたいときがある。リストとリストを比較して、差分を確認するためにはリストが2つ必要。

リストを2つ準備する

title_list = ["会社名","設立","〒","住所","電話番号","HP"]
list_name = ["会社名","設立","住所","電話番号"]

title_listが元のリストだとする。
list_nameは、何らかの処理を行って、新たに作ったリストだとする。
これでリストが2つ出来た。

リストとリストの差分を計算する

 list(set(title_list) - set(list_name))

リスト同士を扱う時には、リスト名を括弧で括って、前にsetをつける。set(リスト名)
list(  -   )
list( set( ) – set( ) )
list( set(リスト名) – set(リスト名) )

元のリスト引く、新たに作ったリスト。

差分を新しいリストにする

check_list  = list(set(title_list) - set(list_name))
print(check_list)

check_listに差分がはいっているとして、それをprint()で表示させる。

全コード

title_list = ["会社名","設立","〒","住所","電話番号","HP"]
list_name = ["会社名","設立","住所","電話番号"]

check_list  = list(set(title_list) - set(list_name))
print(check_list)
# ['〒', 'HP']

これでリスト同士の差分が表示された。