Django学習

【Python】クラスベースと関数ベースの書き方views.py・forms.py【Django】

Djangoの学習 機能ごとの書き方の例

【Python】DjangoでBootstrapの導入とベーステンプレートの解説Djangoの学習 Bootstrapの導入 https://prcmyself.com/first-django-step-1 1...

1.ビュー(views.py)

ビューは、関数ベースとクラスベースが存在する。
関数ベースは、自分で書く処理が多い。
クラスベースは、金型が決まっているので簡潔にかける。
クラスベースが主流らしい。
views.pyの書き方とurls.pyの書き方が違うのでその違いを例として下記へ。

関数ベースの例

 

クラスベースの例

 

2.フォーム(forms.py)

フォームもビューと同じように2つタイプがある。
一つは、django.forms.Formクラスを継承したやり方。
これは、forms.pyに直接フォームの定義を記載する。

もう一つは、django.forms.ModelFormクラスを継承したやり方。
これば、models.pyに定義を記載して、それを元にフォームを設定するやり方。

django.forms.Form関数ベースの例

 

 

django.forms.ModelFormクラスベースの例

 

【Python】初めてのDjangoフォームの使い方【クラスベース】Djangoの学習 モデルフォームの使い方 フォームには2つタイプがある。 ちなみに、関数ベースをまとめ...

 

3.モデル(models.py)

 

4.管理画面(admin.py)