コード一覧

URLのどこに検索キーワードを入れるか【パラメーター】

パラメーターを利用してキーワードを入力する方法

URLの中に直接キーワードを入れて、検索する方法です。
BeatifulSoupを使う時など便利ですが、すぐに忘れてしまうのでまとめておきます。
GoogleやAmazonなどで使えます。
keyword の部分は変数です。

Googleの検索

 

Amazonの検索

 

メルカリの検索

 

ヤフオクの検索

 

ラクマの検索

 

最安値.com

価格.com


 

ものレート

 

ヨドバシ

 

Googleマップ

少し見ずらいが
keyword1 が出発地
keyword2 が目的地

ちょっと便利な使い方 Python

今はモノを買う時も様々なサイトを見て、値段や送料、納期を比較しています。
情報だけを取ってくるのもありだと思いますが、作りこむ必要もないと思うので、同じキーワードで様々なブラウザが立ち上がれば、便利かなと思います。

一つのキーワードで色々なサイトを開く

キーワードを入力したら、検索結果がそれぞれのブラウザで立ち上がる。

 

追記

urlを1,2,3,4,5と打っていくのが面倒なので、あまり変わりませんが、今は以下を使っています。