コード一覧

【Python】自作RPAを作るときに絶対必要な【ライブラリ一覧をまとめた】

絶対必要なライブラリ Pyoutogui

これを入れるとキーボードとマウスを操作することができ、自作RPAを作ることができます!
※注意点としては、実際にプログラムが動いている間は、画面が自動操作されるので、その間パソコンが操作できません。

必要なライブラリを紹介します。

画面を操作するときに私が使ったライブラリの一式です。

import pyautogui as pg
import pyperclip
import time
from datetime import datetime, date, timedelta
import datetime

これだけあれば、やりたいことは大体出来ました。 また、あらかじめキャプチャの画像を用意しておき、一致する場合は、こうする。一致しない場合はこうする。などの条件式を作ることもできます

import pyautogui as pg

as pg としているが、pguiなど、何でもOK
pyautoguiを〇〇として使う。という意味。

普通に、pip install pyautogui でインストールできます。

例えば、エクセルを起動する場合は、以下でエクセルが立ち上がります。

import pyautogui as pg

import time

import pyperclip

pg.press('win')

time.sleep(1)

pyperclip.copy('excel')

pg.hotkey('ctrl','v')

time.sleep(1)

pg.press('enter')

time.sleep(3)

pg.press('enter')

※実行するタイミングによって、日本語入力だったりアルファベット入力だったりするので、pyperclipを使って、必ずアルファベット入力出来るようにしています。

import pyperclip

本来はコピペするためのライブラリですが、入力したい文字をあらかじめ設定するために使用しています。

pyperclip.copy(‘入力したい文字’)
ctrl + v ペーストで入力する。
pg.hotkey(‘ctrl’,’v’)

import time

操作している途中に、待ち時間が発生するので、その時に使います。

1秒待つ
time.sleep(1)

1分待つ
time.sleep(60)

from datetime import datetime, date, timedelta と 
import datetime

この2つは日付を操作するときに、セットで使っています。
画面を自動操作するときに日付の入力して検索したり、日付をつけてファイルを保存したりするので、必ず必要になります。以下の記事で日付の形式やハイフンとスラッシュの変換方法など、詳しく説明しています。

例えば、本日、昨日、明日、一昨日の日付の指定の仕方は以下になります。

from datetime import datetime, date, timedelta
import datetime
# 今日は2021年3月13日です

today = datetime.date.today() 
print(today)
# 2021-03-13

yesterday = today - timedelta(days=1)
print(yesterday)
# 2021-03-12

tomorrow = today + timedelta(days=1)
print(tomorrow)
# 2021-03-14

# 一昨日
day_before_yesterday = today - timedelta(days=2)
print(day_before_yesterday)
# 2021-03-11

これを使って、日付を入力したり、ファイル名に日付をつけています。

まとめ

これだけのライブラリを使えば、大体の操作はできました。人それぞれだと思いますが、うちの会社は周りの人があまり聞いたことのない、マイナーな会計ソフトを使っているのですが、ブラウザじゃないので、seleniumも使えないし、動作も遅く、互換性もないのでどうしようかと思っていました。でも自作RPAを作ったことで自動で取り込みやエクスポートが出来るようになり、毎日のルーティンから解放されました!